キノコ☆きのこ

ブログ初心者ですがヨロシクww 基本的に歌詞をUP↑していきたいと思いマス

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
川沿いに延びる小道を抜け あの時計台まで後少し
口笛が下手なあなたにコツを教えたのもこの辺り
思い出 飾る額縁なんて燃やしてしまおうと決めてから もう地球は何周目だ

そよ風の帰り道 決まって夕方五時 駅前の時計台 そこで待ち合わせる
二分半遅刻して小走りで駆け寄って来るあなたを抱きしめた 遥か遠い日の夕暮れ

あれこれと悩んではみたものの答えらしい答えは見つかりません
約束なんて通り過ぎるそよ風に未来を縫い付けようとする事で
流れて消えると知ってからなのか 奇麗な景色はいつの日も少しだけ悲しいんだ

窓際に飾る花 穏やかな昼下がり こんなにもありふれた素晴らしい日常
今を生きようと言う その隙に今が逃げて行く事を僕達は時の流れに教わった

駅前の時計台 あと二分半したら寄り添って歩き出す二人がいたのにな
一人鳴らす足音 悲しくなんかない 心が明日に向かうには時間がかかるけど

そよ風の帰り道 あなたは今日 その瞳に何を映し 何を想い 何を望んだの
幸せの在処など僕には分からない ただこの空を見て想う 今日もあなたが好きでした

スポンサーサイト
Hey DJ カマせ yeah yeah yeah 気分上々↑↑の
針落とせ 音鳴らせ ハ0ーリナイ
飲もう ライ ライ ライ みんなで踊れ!
HiP-Pop ピーポー かけてよミラクルNumber

Yo!こんな時代に分かち合うMUSIC 探したくて回す地球儀
グラつく不安定生活 それだからバランス重視
良いことばかりじゃないから「頑張れる!」最悪な日にキック
再起動のボタン クリック!DJかけて!!今 TRIP

シャレてるビートに乗って 感じる体揺らそうよ

Hey DJ カマせ yeah yeah yeah 気分上々↑↑の
針落とせ 音鳴らせ ハ0ーリナイ
飲もう ライ ライ ライ みんなで踊れ!
HiP-Pop ピーポー かけてよミラクルNumber

オリジナル探すキーホ0イント それぞれの色重ね合わすレインボー
君に聴かせたいが為 苦しむあげくの果て 十字固め
今を楽しみたいんだね Let's Hip-Pop!! Here we,Here we Go!!

はしゃぐフロアの上 頭ん中 ゆさゆさぶる

Hey DJ シャシャれ yeah yeah yeah 気分上々↑↑の
波に乗って 弾け跳べ ファンキーナイ
飲もう ライ ライ ライ みんなで踊れ!
HiP-Pop ピーポー 朝までミラクルNumber

ミラーボール スモークのにおい 溶けるようなハーモニー
身にまとって踊り明かす がむしゃらなままで

Hey DJ カマせ yeah yeah yeah 気分上々↑↑の
針落とせ 音鳴らせ ハ0ーリナイ
飲もう ライ ライ ライ みんなで踊れ!
HiP-Pop ピーポー かけてよミラクルNumber

Hey DJシャシャれ yeah yeah yeah 気分上々↑↑の
波に乗って 弾け跳べ ファンキーナイ
飲もう ライ ライ ライ みんなで踊れ!
HiP-Pop ピーポー 朝までミラクルNumber
愛されたい でも 愛そうとしないその繰り返しのなかを彷徨って
僕が見つけた答えは一つ 怖くたって 傷ついたって
好きな人には好きって伝えるんだ

あなたが僕を愛してるか 愛してないか なんてことはもうどっちでもいいんだ
どんなに願いを望もうが この世界には変えられぬものが 沢山あるだろう
そう そして僕があなたを 愛してるという事実だけは 誰にも変えられぬ真実だから

千の夜をこえて あなたに伝えたい 伝えなきゃならないことがある
愛されたい でも 愛そうとしない その繰り返しのなかを彷徨って
僕が見つけた答えは一つだけ 怖くたって 傷ついたって 好きな人には好きって伝えるんだ

この広い世界で 巡り逢う喜びを言葉じゃ言い表せないね
だから僕達は微笑み 色鮮やかに過ぎる秋をドレミで唄って
冬を背に春の木漏れ日を待ち 新しく生まれ変わる 誰かを守れるようにと

来た道と行き先 振り返ればいつでも 臆病な目をしていた僕
向き合いたい でも 素直になれない まっすぐに相手を愛せない日々を
繰り返してはひとりぼっちを嫌がったあの日の僕は 無傷のままで人を愛そうとしていた

千の夜をこえて 今あなたに会いに行こう 伝えなきゃならないことがある
愛されたい でも 愛そうとしないその繰り返しのなかを彷徨って
僕が見つけた答えは一つ 怖くたって 傷ついたって 好きな人には好きって伝えるんだ
その思いが叶わなくたって 好きな人に好きって伝える それはこの世界で一番素敵なことさ
I wanna make you shining smile
飛び乗ろうよ HONEY BEAT
涙をかわして 明日を奪え
あぁ 誰かの為に (生きたって) 君は君だよ
笑って 笑って 笑って・・・

泣いてないで こっち向いて 話しようよ
ほら kissを ねぇ kissを下さい
大抵どんな綺麗事だって 穴があるんだ
ねぇ 傷を その傷を下さい

想い出は 現在(いま)を越せないよ
そうさ あぁ 春夏秋冬へ 君とふたりきりで Ah

I wanna make you shining smile
飛び乗ろうよ HONEY BEAT
涙をかわして 明日を奪え
あぁ 誰かの為に (生きたって) 君は君だよ
笑って 笑って 笑って・・・

足りなくたって あげ過ぎたって 花は枯れる
ねぇ 声を ほら 声を聴かせて
相談だって 冗談だって あいのことば
この鍵で その扉 開けよう

瞬きをするのも怖いよ
そんな あぁ君の喜怒哀楽 見逃したりはしないさ Ah

I wanna make you shining smile
始めようよ HONEY BEAT
未来を選んで 今 リスタート
あぁ 地図を無くして (泣いたって) あきらめるなよ
笑って 笑って 笑って・・・

そうさ あぁ春夏秋冬へ 君とふたり
そうだ あぁ譲れない明日へ 君とふたりきりで Ah

I wanna make you shining smile!
飛び乗ろうよ HONEY BEAT
涙をかわして 明日を奪え
あぁ 誰かの為に (生きたって) 君は君だよ
笑って 笑って 笑って・・・

I wanna make you shining smile
始めようよ HONEY BEAT
未来を選んで 今 リスタート
あぁ 地図を無くして (泣いたって) あきらめるなよ
笑って 笑って 笑って・・・
百万回の愛してるなんかよりも ずっとずっと大切にするものがある
俺は何も言わずに抱きしめるから おまえは俺の腕の中で幸せな女になれ
Uh hold me tight You make me happy shalala la la

my honey おまえは俺の腕を掴み ついてこいや 俺の行く夢の中に
泣いたり笑ったりもあるだろうが まじ 愛のない歌を俺は歌わない
今すぐに信じろなんて言わない ただ もっとそばにおいで そう stand by me
ラブソングなんてのはちょっと恥ずかしい しかし歌わずにはいられない

とっておきの言葉を 熱く甘い言葉を 日常の真ん中で 口に出来ないんだよ
だからせめてこうして できるだけ等身大で いつもの喋り言葉で 伝えたかったんだよ

百万回の愛してるなんかよりも 一度ギュッと抱きしめた方が早いだろう なぁ
俺みたいな恥ずかしがりは こんな伝え方しかできないけど
本気で人を好きになった時に 台詞じみた愛の言葉なんていらないさ
俺は何も言わずに抱きしめるから おまえは俺の腕の中で幸せな女になれ
Uh hold me tight  You make me happy shalala la la

my sweet sweet honey 俺は今タバコをふかし 空想するんだ 幸せな二人を
おまえも同じ夢物語 考えてくれるといいな laughin'laughin'on 笑っていたい
楽しい暮らし 上がり下がりする未来 やなことがありゃ いいこともあるはずだし
歌いながら歩こうよ

とっておきの言葉を 熱く甘い言葉をおまえが欲しがってるんなら 
もう少し待っておくれよ 今はせめてこうして できるだけ等身大で
いつもの喋り言葉で 伝えていきたいんだよ

百万回の愛してるなんかよりも ずっとずっと大切にするものがある
おまえのために何ができるだろう 一人暗い部屋で考えてたけど
本気で人を好きになった時は 頭ひねるより 腹くくるしかない
始まりはいつも 抱きしめたいって気持ち
それを行動に移すこと

おまえが何かに傷ついた時に おまえが自分を責めてしまう時に
俺はギュッと強く抱きしめるだろう そして耳元でこう言うだろう
「人間ってそんな立派なものかい 人生ってそんなかっこいいものかい」
誇れるものだけじゃないさ 人間だろう
全部抱きしめてほら顔上げなよ

百万回の愛してるなんかよりも そばにいるだけで 温もりを感じられるから
百万回の愛してるなんかよりも 抱きしめ合うだけで 強くなれる気がするから




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。